日本史はストーリーで覚える!

勉強、教育、人材育成

【どう違う?】織田信長と豊臣秀吉、そして徳川家康【中篇】

こんにちは。本宮貴大です。

この度は記事を閲覧してくださり、本当にありがとうございます。

今回のテーマは「【どう違う?】織田信長豊臣秀吉、そして徳川家康【中篇】」というお話です。

まず、以下の表を見てください。

時代のイメージ 破 壊 創 造 維 持
人物 織田信長 豊臣秀吉 徳川家康
あだ名 革命児 実力者 眠れる巨人
精神 「剛」の精神を持つ 「柔」の精神を持つ 「忍」の精神を持つ
デビュー戦 桶狭間の戦い 山崎の戦い 関ヶ原の戦い
本拠地 安土城 大阪城 江戸城
役職   関白(太閤) 征夷大将軍
内容 諸大名と戦いに明け暮れる 天下統一達成 江戸幕府が成立
室町幕府を滅ぼす 超巨大組織の誕生 大阪冬・夏の陣
あらゆる勢力を滅ぼす 朝鮮出兵 260年の長期政権の誕生
政策 兵農分離 太閤検地 武家諸法度
楽市楽座 刀狩令 禁中並公家諸法度
キリスト教 応援 (旧勢力に対抗するため) はじめは許可 のちに禁止 完全禁止 (踏み絵などで弾圧)

 

織田がつき

羽柴がこねし

天下餅

すわりしままに

食うは家康

 

この歌は江戸時代に作られたもので3人の天下統一への関わり方を皮肉を織り込んで現しているものです。織田信長が下準備をし、羽柴(豊臣)秀吉がなしとげた天下統一。それを座ってじっと待っていた徳川家康が最後に手に入れたという喩えです。そんな日本史上屈指の人気を誇る戦国3英傑はそれぞれどのような違いがあるのでしょうか。今回はその中篇ということで、豊臣秀吉についてご紹介していきたいと思います。

 

歴史はストーリーで覚えるというのが、当ブログの基本方針です。ストーリーといっても、難しく考える必要はありません。基本的に歴史は「破壊→創造→維持→衰退」のサイクルの繰り返しですので、この一連の流れに沿って、事実を関連付けて物語を創っていくのです。信長は「破壊の時代」の中心人物、秀吉は「創造の時代」の中心人物、そして家康は「維持の時代」の中心人物なのです。

 

鳴かぬなら 鳴かせてみせよう ホトトギス

豊臣秀吉は戦闘において、信長のような武力でねじ伏せる強引なやり方だけでなく、様々なアイディアや工夫を凝らし、降伏させるという柔軟な戦闘方法を生み出しました。例えば、天皇や朝廷、将軍などあらゆる権威に懐柔しながら自らの地位を高め、その圧倒的な権威に相手の戦意を喪失させる作戦です。農民の子として生まれながら、誰もが不可能だと思っていた天下統一を可能にした秀吉、そんな彼には‘実力者‘というあだ名がピッタリでしょう。

 

信長の後を継ぎ、天下統一を達成させたのは、羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)でした。尾張の農民の子として生まれた秀吉は、信長に仕え、しだいにその才能を発揮させ、信長の有力家臣にまで出世しました。秀吉は1582年、山崎の戦いで信長を倒した明智光秀を討ち、

わずか8年間で天下人にまで駆け上がります。もの凄い快進撃です。

 

光秀を討った翌年、信長の重臣であった柴田勝家賤ヶ岳の戦いで破り、信長の後継者としてその地位を固めました。同年、秀吉は水陸交通にめぐまれた石山の本願寺の跡に壮大な大阪城を築き、そこを拠点として天下統一を目指していきました。

1584年には、尾張小牧・長久手の戦いで、信長の二男である織田信雄徳川家康の軍と戦うも、決着がつかず、和睦に終わりました。これを機に秀吉は武力だけでは天下統一を達成出来ないことを悟り、以後、朝廷や公家などの伝統的権威に懐柔しながら天下統一を目指すようになりました。

そんな秀吉は1585年、朝廷から関白に任じられた後、四国の長宗我部元親(ちょうそかべもとちか)を下し、四国を平定しました。翌年には太政大臣にも任命され、豊臣の姓を与えられました。信長は伝統的権威を蔑ろにした結果、自らの死を招いてしまいした。それに対し、秀吉は天皇や朝廷、公家などに懐柔しながら、天下統一を目指したのです。

 

関白になった秀吉は天皇から日本全国の支配権をゆだねられたと称して、全国の戦国大名に停戦協定を命じる惣無事令を出し、全国の政治運営は全て秀吉に任せることを強制しました。そして、これに違反したとして秀吉は1587年、九州の島津義久(しまづよしひさ)を征討して降伏させました。

さらに1588年には、京都に新築した聚楽亭に後陽成(ごようぜい)天皇を迎えたうえで、全国の諸大名を招集し、彼ら諸大名に天皇と秀吉への忠誠を誓わせました。秀吉は天下統一への王手をかけたのです。

 

そして1590年、最後まで抵抗していた関東の北条氏政(ほうじょううじまさ)を滅ぼし(小田原攻め)、同時に陸奥の伊達正宗(だてまさむね)ら東北地方の諸大名も服従させることに成功し、秀吉の天下統一は完成したのでした。

 

しかし、天下統一を達成した豊臣政権は、織田政権と同様に、秀吉のワンマン経営であり、組織としての体裁が整っていませんでした。そこで、石田光成らをはじめとする秀吉の腹心の家臣達を五奉行として政務担当を、徳川家康を筆頭とした有力大名を五大老として重要政務を合議させる制度をつくりあげました。ここに全国を傘下に置く豊臣政権という超巨大組織が誕生したのでした。

 

天下統一を達成した豊臣秀吉の代表的な政策は太閤検地と刀狩りです。秀吉は新しく獲得した領地に次々に

曖昧なものをはっきりさせることで、確実な財政基盤を築き上げたのです。

 

 

つづく。

次回は豊臣秀吉をご紹介します。

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

本宮貴大でした。それでは。

 

参考文献

アナウンサーが読む 詳説山川日本史    笹山晴生 他=著   山川出版社

教科書よりやさしい日本史         石川晶康=著   旺文社

戦国時代の組織戦略            堺屋太一=著   集英社

マンガでわかる日本史           河合敦=著    池田書店