日本史はストーリーで覚える!

勉強、教育、人材育成

【どう違う?】織田信長と豊臣秀吉、そして徳川家康 【前篇】

こんにちは。本宮貴大です。

この度は記事を閲覧してくださり、本当にありがとうございます。

今回のテーマは「【どう違う?】織田信長豊臣秀吉、そして徳川家康【前篇】」というお話です。

まず、以下の表を見てください。

 

時代のイメージ 破 壊 創 造 維 持
人物 織田信長 豊臣秀吉 徳川家康
あだ名 革命児 実力者 眠れる巨人
精神 「剛」の精神 「柔」の精神 「忍」の精神
デビュー戦 桶狭間の戦い 山崎の戦い 関ヶ原の戦い
本拠地 安土城 大阪城 江戸城
役職   関白(太閤) 征夷大将軍
内容 戦いに明け暮れる 天下統一達成 江戸幕府が成立
室町幕府を滅ぼす 超巨大組織の誕生 大阪冬・夏の陣
あらゆる勢力を滅ぼす 朝鮮出兵 260年の長期政権の誕生
政策 兵農分離 太閤検地 武家諸法度
楽市楽座 刀狩令 禁中並公家諸法度
キリスト教 応援 (旧勢力に対抗するため) はじめは許可 のちに禁止 完全禁止 (踏み絵などで弾圧)

織田がつき

羽柴がこねし

天下餅

すわりしままに

食うは家康

 

この歌は江戸時代に作られたもので3人の天下統一への関わり方を皮肉を織り込んで現しているものです。織田信長が下準備をし、羽柴(豊臣)秀吉がなしとげた天下統一。それを座ってじっと待っていた徳川家康が最後に手に入れたという喩えです。そんな日本史上屈指の人気を誇る戦国3英傑はそれぞれどのような違いがあるのでしょうか。今回はその前篇ということで、織田信長についてご紹介していきたいと思います。

 

歴史はストーリーで覚えるというのが、当ブログの基本方針です。ストーリーといっても、難しく考える必要はありません。基本的に歴史は「破壊→創造→維持→衰退」のサイクルの繰り返しですので、この一連の流れに沿って、事実を関連付けて物語を創っていくのです。信長は「破壊の時代」の中心人物、秀吉は「創造の時代」の中心人物、そして家康は「維持の時代」の中心人物なのです。

 

鳴かぬなら 殺してしまえ ホトトギス

「天下の支配者は信長である!」。これに逆らう者は圧倒的な武力でねじ伏せる。これが織田信長の基本スタンスです。従来の社会秩序を一度破壊し、新しい理想国家を創り上げることが信長の野心でした。しかし、せっかちな性格であるがゆえ、目的達成に焦る信長のやり方は自らの死を招く結果を引き寄せるのでした・・・・。

 

戦国大名の中で全国統一の野望を最初に抱き、実行に移したのは、尾張織田信長でした。そんな信長が日本史の表舞台に出るきっかけとなったのが、1560年に今川義元尾張桶狭間の戦いでした。これによって尾張の一領主だった信長はその名を全国に轟かせ、有力大名として名を連ねるようになりました。桶狭間の戦いとは、戦国の革命児・織田信長の華々しいデビュー戦だったのです。

1567年には美濃の斎藤氏を滅ぼした後、天下布武の印判を使用して天下を武力によって統一する意志を明らかにしました。

翌1568年、畿内に追われ、自らを守ってほしいと頼ってきた足利義昭を信長は保護して入京、義昭を室町幕府15代将軍に就任させることで恩を売り、将軍からあらゆる権力を奪い始めました。これまで武力と財力を高めてきた信長は最後、権力を手に入れることで天下統一を急いだのです。

しかし、そんな強引なやり方は当然ですが、あらゆる勢力からの猛反発を招きました。以降、信長は戦国大名だけでなく、寺社勢力のような宗教的権威などとも激しい戦闘に明け暮れるようになります。

 

1570年、信長は姉川の戦いで近江の浅井氏と越前の朝倉氏を破り、翌年には生き残った浅井長政朝倉義景を匿った比叡山延暦寺の焼き打ちを行って、強大な宗教的権威を屈服させました。なお、1570年は一向宗石山本願寺との戦いが始まった年でもあります。

1573年、信長に利用されてしまった義昭は全国の有力大名に「打倒!信長」の内容を記した手紙を送り、反信長勢力を形成しました。やがて信長に対する包囲網が形成され、窮地に陥るようになります。こうした義昭の行動に激怒した信長は義昭を京から追放し、室町幕府を滅ぼしました。

その後、信長は1574年に伊勢長島の一向一揆を滅ぼしたのに続いて、翌1575年には越前の一向一揆を平定しました。ところで、信長自身は宗教に関しては秀吉や家康に比べて寛容であり、信仰の自由を保証しています。こうした宗教や寺社勢力は武装集団であり、政治や経済に介入する大変厄介な存在だったのです。

キリシタンの布教も許したのは、このように猛威を振るっていた寺社勢力などに対抗するためのであったことが考えられています。

 

さぁ、統一事業を推し進める信長は、1575年、三河の長篠合戦において、3000丁にも及ぶ大量の鉄砲を用いた独自の戦法で騎馬隊を中心とする戦国最強と呼ばれた武田勝頼の軍を打ち破ることに成功しました。

強敵を倒したことで、危機を脱した信長は1576年、近江に壮大な安土城の築城を始めました。信長はここを居城に天下統一事業を加速させていきます。

そして1580年、10年間にも及んだ石山合戦がようやく終結しました。

 

そんな信長の代表的な政策に兵農分離楽市楽座があります。

まず、兵農分離とは、革新的な軍事政策でした。信長は家臣団を城下町への集住を徹底させるなどして、全国どこでも派兵の指示が出来る機動力ある軍事力をつくりあげました。信長の兵農分離は、それまでの農業と軍事を両立する従来の常識を覆し、軍事のみに特化した専門集団をつくりだしたのです。

続いて、楽市楽座も革新的な商業政策でした。室町時代に組織された「座」とよばれる同業組合であり、新規参入を拒む極めて閉鎖的なものでした。しかし信長はこの「座」を廃止し、新規参入を許可。各地の関所も撤廃され、誰でも自由に商売を出来る制度を始めました。これが楽市楽座です。信長はこのような経済活性化政策を行うことで、自らの財力も盤石なものにしていったのです。

 

このように信長の統一事業は達成されるかに思われました。しかし、その夢はもろくも崩れ去ることになります・・・。

信長はいよいよ天皇に対しても要求を突き付けるようになりました。例えば暦の変更です。しかし、暦の制定は古来、天皇だけが持つ神聖な行為です。信長は天皇すらも下し、神のような存在になろうとしたのです。

 

このように将軍や朝廷はおろか、天皇すらも蔑ろにする信長のやり方は、あらゆる勢力から反発を受けました。さらに彼の独裁的な政治手法は家来達からも不満を生み、1582年、滞在した京都の本能寺で家来である明智光秀に背かれて横死しました(本能寺の変)。

 

こうして織田信長による「破壊の時代」が終わり、豊臣秀吉がその後を継ぐことになります。時代は「創造の時代」へと移っていくのでした・・・。

 

つづく。

次回は豊臣秀吉をご紹介します。

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

本宮貴大でした。それでは。

 

参考文献

アナウンサーが読む 詳説山川日本史    笹山晴生 他=著   山川出版社

教科書よりやさしい日本史         石川晶康=著   旺文社

戦国時代の組織戦略            堺屋太一=著   集英社

マンガでわかる日本史           河合敦=著    池田書店